タグ: 4月

新年度の準備をするときに考えること

黄金の3日間、中学校、2017年度(平成29年度)の新年度準備。中学校、先生、ブログ、初任者、転任、やること、チェック


ステージ別 中学校教師の仕事のヒント

記事一覧 page01 <2014/01~2014/06>

記事一覧 page02 <2014/07~2014/12>

記事一覧 page03 <2015/01~>


新年度がまもなく始まります。
修了式後、その準備を周到にされた先生も多くいらっしゃることでしょう。
例えば、分かる先生に聞く、関連する本や引継ぎ資料を読む、ネットで調べる、1年間の見通しを考える、仕組みやルールを考える、アウトラインを考える、アウトプットする、等々。
責任感があり、研究熱心な先生であればなおさらでしょう。
そんな先生と新年度の準備の話をする時に、いつも言うことがあります。
え、そんな当たり前のことって思われるかもしれませんが、
自分自身で考えた言葉を入れる
ということです。
「自分自身で考えた言葉を入れる」というのは、
続きを読む

問題のないうちに関係をつくっておく

新年度が始まり、2週目が間もなく終了します。
大きな生徒指導もなく、授業も順調に進んでいる中学校も多いでしょう。
新学年始まってからの2~3週間は、黄金週間と言っても過言ではありません。
生徒自身が、必死に頑張ろうとする期間なのです。
授業や生徒指導の方法に多少問題があっても、生徒はついてくるのです。

この時期だからこそ、するべきことがあります。
「生徒との関係をつくっておくこと」です。
4月

続きを読む

始業式、入学式、中学生との出会いの言葉で考えること

学級開きで最初に生徒に何を伝えるのか?
とても大事なことです。
学級経営の基本です。

最初の言葉が「グダグダ」なら、生徒は悲しむでしょう。
そして、それを取り返すのは相当の努力が必要になります。

最初の言葉が生徒の気持ちをつかむものであれば、その後多少の失敗があっても生徒が多めに見てくれるでしょう。
それくらい、出会の言葉は大切です。

では、最初の言葉に何を選ぶのか。
模範解答なんてありません。
続きを読む

4月勉強計画表(学習計画表)7種類 2015年(平成27年)中学生用

生徒の発達段階に合わせた4月計画表(学習計画表、勉強計画表、生活記録表)7種類、2015年(平成27年)中学生用です。
ワードファイルをダウンロードしてご使用ください。
<目次>
(1)4月計画表(学習計画表、勉強計画表、生活記録表)パターン1
~計画を立てることが苦手な生徒用~ ダウンロード

(2)4月計画表(学習計画表、勉強計画表、生活記録表)パターン2
~(1)と(3)の間~ ダウンロード

(3)4月計画表(学習計画表、勉強計画表、生活記録表)パターン3・4
~ふつう~ ダウンロード

(4)4月計画表(学習計画表、勉強計画表、生活記録表)パターン5
~(3)と(5)の間~ ダウンロード

(5)4月計画表(学習計画表、勉強計画表、生活記録表)パターン6・7
~計画を立てることが得意な生徒用~ ダウンロード

なお、計画表全般については、「中学校勉強計画表・掲示物・カレンダーのページ」をご覧ください。

続きを読む

中学校初任者 4月着任時の行動指針

中学校初任者、4月、やること
中学校の初任者が、4月に着任してからすぐの過ごし方(特に最初の1週間)は極めて重要です。
生徒が学校に来る前に、どのような準備をしておくのか?

まずは、よくある失敗例です。
4月1日、辞令を受け、勤務する中学校へ初めて行くことになります。
多くは、職員会議での挨拶から始まるでしょう。
その後、そのまま職員会議に参加することになります。
その職員会議は、2~3日間続きます。
それと並行して、学年会議、教科の会議、校務分掌の会議があります。

何が何だか分からないまま、「言われたこと」、「決まっていること」をこなす慌ただしい日々が続く

のです。
気がつくと、始業式や入学式の前日です。
その前日にもやることがたくさんあります。
学年で生徒を迎え入れる準備、教室の最終確認、各種書類の準備などなど。
それが終わると、先輩の先生から「明日から生徒が来るから今日は早く帰ろうね」と言われる。
しかし、肝心要の教科の授業準備、学級開きの準備をほとんどやっていない・・・。
そこから夜遅くまで準備するものの、うまくまとまらない。
そして中途半端なまま、寝不足の状態で学級開きや授業開きをする。
結果、つかみを失敗してしまう・・・。
極端な例ですが、このようなことを未然に防がなければなりません。

では、どうするのか?
3つの行動指針があります。
続きを読む

4月14日~18日にやるべきこと|中学校教師の学級経営

・保護者へ「連携電話」する

「こんにちは。4月より○○さんの担任になりました△△と申します。どうぞよろしくお願いします。今よろしいでしょうか?(中略)新学期が始まって1週間が経ちましたので、もし何か家でお困りのことやご質問があればと思いまして電話させていただきました。お忙しい中、恐れ入ります。」
中学校教師、ブログ、記事、人気
続きを読む