タグ: 言葉

始業式、入学式、中学生との出会いの言葉で考えること

学級開きで最初に生徒に何を伝えるのか?
とても大事なことです。
学級経営の基本です。

最初の言葉が「グダグダ」なら、生徒は悲しむでしょう。
そして、それを取り返すのは相当の努力が必要になります。

最初の言葉が生徒の気持ちをつかむものであれば、その後多少の失敗があっても生徒が多めに見てくれるでしょう。
それくらい、出会の言葉は大切です。

では、最初の言葉に何を選ぶのか。
模範解答なんてありません。
続きを読む

広告

中学生への褒め言葉100選

私は以前、目の前で生徒がノートにうっとりするような字を書いている時、次のように褒めていました。
「〇〇さん、とてもきれいな字を書きますね!」
残念ながら、生徒はあまり喜んでいませんでした。
褒める時に何の工夫もしていなかったので、当然と言えば当然です。
「かなりの人徳があり、(褒められる生徒にとって)その先生が言ったことならなんでも嬉しい」のであれば、問題はないのかもしれません。
しかし、そうでない場合「当たり前のことを当たり前に言う」だけでは、思いは伝わらない場合もあるのです。
以前に記事にした振り返りノート(自分を振り返る時間がなければ、つらい体験も単なる「徒労」で終わるで記事にしています)から、「褒める」に関する部分をまとめました。
褒める技術を向上させたい先生は、参考にしてください。

<目次>
1.「100の褒め言葉」の使い方
2.100の褒め言葉
-A 褒めたい生徒の「行動や姿、状態」に焦点を当てる言葉
-B 私や第三者の「行動や事実、気持ち」を表した褒め言葉
-C 褒めたい生徒の状態を表した褒め言葉
3.その他の言葉
4.褒め言葉をさらに増やすための視点
5.褒め言葉をより効果的にするためのヒント

続きを読む

振り返りノートに書いた39の言葉

私は、振り返りノートをつけています。
自分を振り返る時間がなければ、つらい体験も単なる「徒労」で終わるで以前記事にしました。
このノートが、今のブログにつながっています。
数十冊以上になりますから、ブログのネタに困ることはありません。
さて私は年目の頃、とてもつらい毎日を送っていました。
そういう時のノートに書く量は、普段の倍にも倍にもなります。
それを先日読み返し、「今の自分でも使える」と思った言葉をを39個選びました。
それぞれの言葉に、それぞれの思い出があります。
思うところあり、恥ずかしながら記事にします。
いつもながら、超自己満足な記事です。m(_ _)m
※「中学校教師が使う文房具30選」、文房具を1つ追加しました。

続きを読む

学年便り・学級通信・生徒との対話で使いたい「温かい言葉100」

以前に、
卒業アルバムのメッセージ・寄せ書き・学級便りで使える言葉140選
という記事を書きました。
この記事は、「卒業式直前」だけに使える言葉を書いたわけではありません。
学年便り・学級通信・生徒との対話で使いたい言葉としても有効です。
ここでは、特に「学年便り・学級通信・生徒との対話で使える言葉」をピックアップします。
先の記事でも書きましたが、

いくら美しい言葉を並べても、
「自分の体験から出た言葉」や「自分が本当にそう思っている気持ち」
しか伝わりません。
くれぐれも、一人一人の生徒の個性に合わせて書いてください(話してください)。
(中略)
「この記事の言葉の組み合わせ」+「自分の言葉」で文章を完成させてください。
「手書きの顔文字」を付け加えると、さらに気持ちが伝わります。
「顔文字 笑顔」で検索できます。
(中略)
この記事の言葉の組み合わせで、例えば、次のような一言メッセージができます。
「〇〇さんが〇〇で歯を食いしばっている姿、思い出すだけで胸が高まります。これからも、自分らしく、どこまでも自分らしく輝いてくださいね(^_^)!ありがとう!」

です。
<目次>
1.応援したい生徒に
2.頑張った生徒に
3.感動を表したい生徒に
4.感謝の意を表したい生徒に
5.寂しい思い、辛い思いをした生徒に
6.その他
中学校教師、ブログ、記事、人気
続きを読む

卒業アルバムのメッセージ・寄せ書き・学級便りで使える言葉140選

応援の空、言葉、 卒業アルバム、 卒業メッセージ、 学級便り、 学年便り、 寄せ書き、 一言、 中学校
今までに作成した「学級便り」、「学年便り」から使えそうな言葉を選びました。
卒業アルバムの最後のページに書く時、寄せ書きで生徒から頼まれた時、学級便り、学年便りにメッセージを書く時、クラスを閉じる時にヒントにしてください。
中学校教師
気をつけてほしいことがあります。
いくら美しい言葉を並べても、
「自分の体験から出た言葉」や「自分が本当にそう思っている気持ち」
しか伝わりません。
くれぐれも、一人一人の生徒の個性に合わせて書いてください。

「この記事の言葉の組み合わせ」+「自分の言葉」で文章を完成させてください。
「手書きの顔文字」を付け加えると、さらに気持ちが伝わります。
「顔文字 笑顔」で検索できます。
英語が得意な生徒なら、英語の名言でもいいでしょう。
「英語 名言」で検索できます。
この記事の言葉の組み合わせで、例えば、次のような一言メッセージができます。

「〇〇さんが〇〇で歯を食いしばっている姿、思い出すだけで胸が高まります。これからも、自分らしく、どこまでも自分らしく輝いてくださいね(^_^)!ありがとう!」

それでは、年度末まであと1ヶ月あまり。
くれぐれもご体調に気をつけて、がんばってください。
私立高校の合格発表~公立高校入試直前までの学級便り、学年便り

応援したい生徒に

何があっても私は〇〇さんを応援します!!!
〇〇さんは〜と信じています
どちらを選んでも私は〇〇さんを応援します
続きを読む