タグ: 準備

新年度の準備をするときに考えること

黄金の3日間、中学校、2017年度(平成29年度)の新年度準備。中学校、先生、ブログ、初任者、転任、やること、チェック


ステージ別 中学校教師の仕事のヒント

記事一覧 page01 <2014/01~2014/06>

記事一覧 page02 <2014/07~2014/12>

記事一覧 page03 <2015/01~>


新年度がまもなく始まります。
修了式後、その準備を周到にされた先生も多くいらっしゃることでしょう。
例えば、分かる先生に聞く、関連する本や引継ぎ資料を読む、ネットで調べる、1年間の見通しを考える、仕組みやルールを考える、アウトラインを考える、アウトプットする、等々。
責任感があり、研究熱心な先生であればなおさらでしょう。
そんな先生と新年度の準備の話をする時に、いつも言うことがあります。
え、そんな当たり前のことって思われるかもしれませんが、
自分自身で考えた言葉を入れる
ということです。
「自分自身で考えた言葉を入れる」というのは、
続きを読む

中学校初任者 4月着任時の行動指針

中学校初任者、4月、やること
中学校の初任者が、4月に着任してからすぐの過ごし方(特に最初の1週間)は極めて重要です。
生徒が学校に来る前に、どのような準備をしておくのか?

まずは、よくある失敗例です。
4月1日、辞令を受け、勤務する中学校へ初めて行くことになります。
多くは、職員会議での挨拶から始まるでしょう。
その後、そのまま職員会議に参加することになります。
その職員会議は、2~3日間続きます。
それと並行して、学年会議、教科の会議、校務分掌の会議があります。

何が何だか分からないまま、「言われたこと」、「決まっていること」をこなす慌ただしい日々が続く

のです。
気がつくと、始業式や入学式の前日です。
その前日にもやることがたくさんあります。
学年で生徒を迎え入れる準備、教室の最終確認、各種書類の準備などなど。
それが終わると、先輩の先生から「明日から生徒が来るから今日は早く帰ろうね」と言われる。
しかし、肝心要の教科の授業準備、学級開きの準備をほとんどやっていない・・・。
そこから夜遅くまで準備するものの、うまくまとまらない。
そして中途半端なまま、寝不足の状態で学級開きや授業開きをする。
結果、つかみを失敗してしまう・・・。
極端な例ですが、このようなことを未然に防がなければなりません。

では、どうするのか?
3つの行動指針があります。
続きを読む

育休から復帰する前に準備すること/考えること/中学校

育休中の読者の先生から、次の質問をいただきました。
—————————————————
はじめまして。教師二年目です。講師・新任のころは研究授業の資料作成などで仕事が終わらず深夜までいたこともあります。今育休中で、4月に短時間勤務で復帰します。今まで定時に帰ったことのない私がお昼までの勤務でやっていけるか不安です。担当学年もわかってないので準備もしにくいのですが、復帰までになにができるでしょうか。
—————————————————
質問された先生に限らず、多くの育休中の先生が復帰にあたって何らかの不安を抱えていると思います。
同じようなことを経験された知的で優秀な女性の先輩先生の意見を中心に回答します。
育休から復帰される先生が周りにいらっしゃる先生にも読んでもらいたい記事です。
続きを読む

H27中学校教員採用試験を合格された皆様へ(1)4月までの過ごし方

まずは、教員採用試験の合格、おめでとうございます。
平成27年の4月まで、月に1回程度の割合で、合格された皆様向けに記事を書いていく予定です。
採用1年目で、地獄のような思いを読者の皆様がしないよう、しっかり書いていくつもりです。
ハードルが高いこともあるので、それはそれとして適当に読み流してくださればと思います。
続きを読む

定期テスト範囲が分かりにくければ、準備の苦手な生徒は脱落する

次のようなテスト範囲は、完全アウトです。
ここでは、理科のNG例を示します。
———————————–
2学期中間テスト 理科テスト範囲
A.教科書P90~P101、P123、P124(P100の(1)、(3)、P124の(1)~(3)、(8)は除く)
B.白プリント6~9(7の裏面の3(1)、4(3)、9の裏面2は除く)
C.授業プリント(観察実験プリント6枚、授業説明プリント8~15)
D.授業ノート
E.資料集(P23、P24、P25の1、2)
F.授業で重要と言った部分
G.その他授業で配布したプリント(キーワードプリントなど)
———————————–
ひどすぎる例ですね。
このようなテスト範囲だと、勉強や勉強準備の苦手な生徒は、「定期テスト勉強に必要なもの」を準備するだけで、20分かかります。
ましてや、テスト教科が7~8教科もあれば・・・。
それだけで、やる気は一気にダウンします。
「教科の勉強そのもの」でななく、「勉強準備」で脱落してしまうのです。

続きを読む

2学期の準備でやっておくこと、2学期最初の1週間で注意すること

読者の皆様、充実した夏を過ごされているでしょうか。
暑くて暑くて、私は溶けてしまいそうです。
読者の皆様、体調崩されないよう、くれぐれもご自愛ください。
<目次>
1.健康状態のチェック@見るべきポイント、逃してはいけないサイン
2.宿題のチェック@学年教師で囲い込む
3.宿題を忘れた生徒に対してやるべきこと
4.2学期当初の学年便り・学級通信
5.授業準備・テスト準備@「まとめてやれることはやる」は、超基本の仕事術
6.たくさんたくさん生徒の話を聞いてあげる

2学期、準備、やること
2014/08/07 photographed by Haruno.S

続きを読む

なぜ中学校教師は、「夏の過ごし方」を間違えてしまうのか

生徒の夏休み期間をむかえ、管理職や先輩教師から、
「夏はしっかり休んでくださいね」
と言われることはないでしょうか。
この意味を取り違えて、夏の過ごし方を間違えてしまうようでは、教師としての成長はありません。
中学校教師の夏の過ごし方こそ、教師力が問われるのです。
絶対に失敗してはいけないのです。
夏季、夏期、夏休み、中学校教師、準備、仕事
続きを読む