タグ: 中学校教師

ステージ別 中学校教師の仕事のヒント

私が初任者の頃、ある先輩の先生から次のようなことを教わりました。
皆さんも一度は似た内容を聞いた経験があるでしょう。
(※年齢、校数、経験年数は、あくまで目安です。>
それぞれのステージで、やらなければならない役割があるのです。
中学校教師の仕事のヒント、春野伸一
それぞれのステージでの「中学校教師の仕事のヒント」を本ブログ記事から選んでいます。
記事にしていることに自分の仕事術や感性を加えれば、仕事を愉しむことができるでしょう。
<目次>
1.ステージⅠの仕事のヒント
2.ステージⅡの仕事のヒント
3.ステージⅢの仕事のヒント
4.各ステージ共通の仕事のヒント

続きを読む

広告

異動した時に、やってはいけないこと

「前任校の中学校の文化に重きをおき、異動先の中学校で前任校の方法が良いと主張する」
これは、完全なNGです。
少しの力とやる気のある先生が陥りやすいことです。
しかしこれでは、異動先の中学校で信頼を得ることはできないでしょう。

思うことを言いすぎない

最初のうちは、このような感覚も必要です。
中学校教師の異動
異動したら最初に確認しておくこと
お世話になった方への挨拶を忘れない
退職される先生方への敬意を絶対に忘れない
などもよろしければご参考になさってください。

続きを読む

臨床心理士やSCの方の指摘を受け入れる

学校に来られている臨床心理士(SCの方も含む)の方(以降、心理士)は、「教師という職業」を本当によく見ています。
その中学校の生徒や保護者からの情報もあります。
多くの心理士は、複数の校を巡回して見ています。
また、心理の専門家なので、よほどのことがない限り、偏った見方をすることもありません。
非常に的を得た指摘をされるのです。
まさに珠玉の指摘です。

先日、力のある心理士と話す機会がありました。
どの話も勉強になりましたが、一番印象に残った言葉があります。

「現場の先生に言いたいことはたくさんあるけど、言いたいことの100分の1程度しか言っていないですね」

続きを読む

お世話になった方への挨拶を忘れない

年末です。
お世話になった方への挨拶、節目節目には特に大切です。
どんなに小さくても、「恩」を忘れるような人間になりたくはありません。
今年1年を振り返り、お世話になった方々を思い出しましょう。
短い記事です。
続きを読む

「頭の回転早っ!」って思う先生が習慣にしていること

職員会議などで、
「賢いこと言うな」
「頭の回転早いな」
「意見がはっきりしていて分かりやすいな」
と思う先生はいないでしょうか。
そんな先生は、普段から習慣にしていることがあるのです。
考え方、コツ、方法、思考法、考え方、中学校教師、教育、ブログ、仕事術
続きを読む

同僚や友人に本をプレゼントしてみませんか?

「これ、よかったらどうぞ」と、今まで多くの後輩の先生や同僚の先生に本をプレゼントしてきました。
ひょっとしたら、「きしょっ」って思われているかもしれません。
でも、本のプレゼントはこれからも続けます。

続きを読む

テレビなんて面白くないから見ない、なんて言う教師の話が一番面白くない

「話していて面白い」「楽しい」と思える教師の多くは、テレビを楽んで見ています。
「テレビなんて面白くないから見ない」なんて言う教師の話は、面白くありません。
教師だって堂々とテレビを見たらいいんです。
中学校教師、テレビ番組、中学生、見る
中学校教師、教育、ブログ、仕事術
続きを読む

どこまでも前向きに、明るい明るい未来へ向かえ!

「です」「ます」調を、今回は「である」「だ」調で書いています。
初任校で勤務されている先生、まだ頑張る力がある先生へのメッセージです。
かなり偉そうに書きます・・・。
春野伸一、初任者へのメッセージ、中学校教師
(クリックで拡大表示となります)
中学校教師、教育、ブログ、仕事術
続きを読む