タグ: カレンダー

平成28年(2016年)学校用教室掲示カレンダー

2016年カレンダー中学校教室掲示用です。
平成28年(2016年)1月~平成29年(2017年)3月の15か月分のカレンダーです。
教室掲示をして、行事や誕生日等を記入するための余白を多くとっています。
中学3年生の卒業や入試までのカウントダウンカレンダーとしても使用可能です。
A3サイズで作成していますが、印刷時に必要なサイズ(A4、B4、B5サイズ等)で出力してください。
ワードファイルまたはPDFファイルをダウンロードの上、ご使用ください。
その他のカレンダーについては、
中学校勉強計画表・掲示物・カレンダーのページ
をご覧ください。
<目次>
平成28年(2016年)1月
平成28年(2016年)2月
平成28年(2016年)3月
平成28年(2016年)4月
平成28年(2016年)5月
平成28年(2016年)6月
平成28年(2016年)7月
平成28年(2016年)8月
平成28年(2016年)9月
平成28年(2016年)10月
平成28年(2016年)11月
平成28年(2016年)12月
平成29年(2017年)1月
平成29年(2017年)2月
平成29年(2017年)3月
中学校教師、教育、ブログ、仕事術
続きを読む

広告

2015年度カレンダー(2015年4月始まり)ダウンロード 中学校教室掲示用

2015年度カレンダー(2015年4月始まり)中学校教室掲示用です。
A3サイズで作成していますが、印刷時に必要なサイズで出力してください。
ワードファイルまたはPDFファイルをダウンロードの上、ご使用ください。
2015年3月までのカレンダーについては、中学校勉強計画表・掲示物・カレンダーのページをご覧ください。
<目次>
平成27年(2015年)4月
平成27年(2015年)5月
平成27年(2015年)6月
平成27年(2015年)7月
平成27年(2015年)8月
平成27年(2015年)9月
平成27年(2015年)10月
平成27年(2015年)11月
平成27年(2015年)12月
平成28年(2016年)1月
平成28年(2016年)2月
平成28年(2016年)3月
中学校教師、教育、ブログ、仕事術
続きを読む

教室掲示用ワードA3カレンダー2015年1月2月3月

平成27年(2015年)1月2月3月ワードA3カレンダー中学校教室掲示用です。
A3サイズで作成していますが、印刷時に必要なサイズで出力してください。
ワードファイル、またはPDFファイルをダウンロードの上、ご使用ください。
平成26年(2014年)8月~12月分は、昨日記事にしています。
<目次>
平成27年(2015年)1月
平成27年(2015年)2月
平成27年(2015年)3月

続きを読む

教室掲示用ワードA3カレンダー2014年8月9月10月11月12月

平成26年(2014年)8月9月10月11月12月ワードA3カレンダー中学校教室掲示用です。
A3サイズで作成していますが、印刷時に必要なサイズで出力してください。
ワードファイル、またはPDFファイルをダウンロードの上、ご使用ください。
平成27年(2015)年1月2月3月分は、明日記事にする予定です。
<目次>
平成26年(2014年)8月
平成26年(2014年)9月
平成26年(2014年)10月
平成26年(2014年)11月
平成26年(2014年)12月

続きを読む

カレンダー季節行事「学級便り・学年便り」12ヶ月のネタ30選

カレンダー季節行事「学級便り・学年便り」12ヶ月のネタ30選
12ヶ月の主な季節行事を取り上げ、学年便りや学級便りにどのように反映するかを記事にしました。
予定しておけば、「学年便りのネタがない」ということもなくなります。
学年便りは計画的にすべきものなのです。
季節行事に加えて、学校行事や生徒指導関係についての学年便りや学級便りを作成すれば、保護者の信頼を得ることができるでしょう。

季節行事を学年便りや学級便りにする時の基本構成

次の3つを基本構成にします。
1.季節行事を説明した文
2.生徒に作らせた作品(アンケートなども含む)
3.その時の生徒の活動写真

それらを、学級便りや学年便りに掲載するのが基本です。
学級便りであれば、全員分の作品を掲載します。
学年便りであれば、優秀作品、人気作品を掲載します。

それだけでは印象に残らない時もあるので、
「コンテスト」や「サプライズ」
でしかけることもあります。
それでは、スタートです。

1月

<1月1日 元旦>
年度末の学年便り、学級便りに取り入れます。
まず「元旦」を検索して記事にします。
12月の最終学年便りで掲載するのがよいでしょう。
ここで取り上げるのは、「年賀状コンテスト」です。
各中学校で、生徒会主導で取り組んでいなければ、学年で取り入れましょう。
学年を動かせることができなければ、自分のクラスだけでもいいでしょう。
ホームルーム等の時間で、生徒に年賀状を書かせます。
それを縮小コピーして、学年便りに掲載します。
番号をつけて、生徒に気に入った年賀状を選ばせます。
その後、ベスト10を発表します。
ふだん脚光を浴びにくい生徒が選ばれることが多くありました。
「自分がいいな」と思う年賀状があれば、それを自分の書く年賀状に活かすことができます。
書くのが苦手な生徒の指導にもつながっているのです。
中学校教師、ブログ、記事、人気
続きを読む