カテゴリー: 春休み期間・4月・新年度にすること

「中学生に読ませたい本」より「中学生が読んでいる本」|学級文庫

中高生の「好きな作家」の第1位は、山田悠介さんだということです。
dot.asahi.com
「中高生の「好きな作家」断トツ1位 山田悠介の人気の理由」
によります(リンク切れの際はご容赦ください)。
中学校教師、ブログ、記事、人気
続きを読む

広告

4月14日~18日にやるべきこと|中学校教師の学級経営

・保護者へ「連携電話」する

「こんにちは。4月より○○さんの担任になりました△△と申します。どうぞよろしくお願いします。今よろしいでしょうか?(中略)新学期が始まって1週間が経ちましたので、もし何か家でお困りのことやご質問があればと思いまして電話させていただきました。お忙しい中、恐れ入ります。」
中学校教師、ブログ、記事、人気
続きを読む

学級通信(学級便り)を多く早く正確に書く21の方法|中学校

「学級通信、学級便り、学年便り」の参考に、「テンプレート、例、題名、素材」が見つかります。4月、入学式、レイアウト、ワードが記載されています
「学級通信を書かなければならないのは分かっているけれど、どのように作成したらよいのか分からない」
「学級通信を書く時間がない」
「学級通信の文章に自信がない」
「学級通信の写真入りの簡単なレイアウトのテンプレートがほしい」
「入学式直後に渡す創刊号(第1号)の学級通信はどのような内容にすればよいのか」
「学級通信の素材がほしい」
「4月の学級通信のポイントを知りたい」
「学級通信の文章の例が知りたい」
「学級通信の名前をどのように決めたらいいのか分からない」
という方のために簡単にそのポイントを記事にしました。

<目次>
1.学級通信を発行しなければならない理由を知る
2.第1号(創刊号)や4月当初の学級通信に必要な内容
3.学級通信や記事のネーミングを軽視してはいけない
4.学級通信の名前はこう決める
5.簡単に100号以上発行するための技
6.書く内容は「いいこと9、悪いこと1(なければ0でいい)」
7.抽象的な表現から具体的な表現へ
8.1週間単位で、クラスの生徒全員の名前を入れる
9.紙媒体でいったん出力して文章を読む
10.文章は時間をおいて見直す
11.第三者に見てもらう
12.写真を入れる
13.記事を読んだ後、生徒や保護者に「どんな気持ちになってほしいか」を考える
14.ワードの文章更正機能を使う
15.流行りの出来事を入れる
16.本当に担任がそう思っていることや経験したことしか伝わらない
17.学級通信の完成度をさらにアップさせるための当たり前すぎる方法
18.学級通信に加えて、学年通信も発行してもらう
19.とにかく多くの文章を書くこと
20.写真入りの学級通信や学年便りを短時間で作成するコツ
21.学年通信・学級通信テンプレート(写真1~8枚用)|ダウンロード

続きを読む

第5回|進路便りにそのまま使える文章50選|中学校進路指導

応援の空、進路指導、実物資料、ワード、面談、進路指導年間計画、進路便り、実物資料、中学生進路指導、中学校進路指導、中学校進路指導主事、学年便り

<中学校進路指導主事の仕事術|目次>
(1)進路指導主事とは
(2)進路指導主事に決まった瞬間にすること 
(3)進路指導1年間の流れ
(4)進路指導実物資料
(5)進路便りにそのまま使える文章50選、その他(注意点など)
中学校教師、ブログ、記事、人気
(5)進路便りにそのまま使える文章50選、その他(注意点など)

目次

<1学期>進路便りにそのまま使える文章

・高校体験入学、説明会について
・転勤等で、他府県を受験される予定の保護者の皆様へ
・今後の進路関係の予定(1学期上旬の学年便りに、月別の大まかな流れを掲載する)
 5月
 ・第1回実力考査について
 6月
 ・1学期考査
 ・第1回進路希望調査について
 7月
 ・三者面談について
 9月
 ・第2回実力考査について
 10月
 ・2学期中間考査について
 ・第2回進路希望調査について
 11月
 ・進路・アルバム用個人写真撮影について
 ・第3回実力テストについて
 ・予備(生徒)懇談について
 ・2学期期末考査について
 ・第3回進路希望調査について
 12月
 ・私立高校校内判定会議
 ・三者懇談
 1月
 ・始業式、教育相談開始について
 ・第4回実力考査について
 ・私立高等学校願書入手〆切について
 ・学年末テストについて
 ・私立高等学校出願日について
 2月
 ・○○私立高校入試について
 ・第4回進路希望調査について
 ・○○公立高等学校前期選抜出願について
 ・○○公立高等学校前期選抜試験について
 ・公立決定懇談について
 ・進路関係の提出物について
 ・これからの時期によくある相談について
 ・NO!マイナス思考

<2学期>進路便りにそのまま使える文章

・中学校生活の総仕上げ 2学期がスタートしました!
・2学期の学習について(宿題・テスト等)
・ルール確認
・受験本番のシーズンを控えて・・・
・整理・整頓できていますか?学校のプリントを保護者へ渡していますか?
・進路に真剣に向き合うこと
・私立高校願書入手期限について
・期末テストが終わりましたが・・・
・生活リズム作りを本格的に!

<3学期>進路便りにそのまま使える文章

・1月~3月の行事予定について
・本格的に進路相談が始まります
・私立学校出願までの流れについて
・~入試へ向けての心構え~
 ≪周到な準備と心構えが大切です≫
 ≪生活リズムを作ろう!≫
 ≪まだ1ヶ月前ですが、入試前日・当日の注意点を説明しておきます。どこかに貼るなどして、保存しておきましょう。≫
 ≪入試前日のチェックポイント≫
 ≪試験当日の心構え≫
 ≪答案作成上の注意≫
 ≪こんなとき、どうしますか≫
・面接について
・願書の書き方
 ≪快適な睡眠のために≫
 ≪私立高校願書提出の諸注意≫
 ≪面接練習に取り組んでいます≫
・保護者のみなさまへ
・風邪注意報!!!
・スランプ???
・33、32、31、・・・・
・机、ロッカーの状態は大丈夫?
・体調が悪くなったと感じたら・・・
・いよいよ入試本番です
・私立高校を受験しない皆さんへ
・私立の学校を合格した皆さんへ
・専願で合格した皆さんへ
・残念ながら不合格だったみなさんへ

<その他(注意点など)>
・本記事を使う際の注意点
とても長い記事になりましたが(24481字)、それぞれの項目について説明します。
続きを読む

中学生でもできる学級レクリエーション、ゲーム、遊びin教室

「よく学級レクはやるけれど・・・、なかなかうまくいかない。盛り上がらない。中学生でもうまくいくレクはないのか」
「HRや道徳、総合学習の時間が少し余ってしまった。どうしよう」
「年度始めなので、何か中学生でも盛り上がる遊びをしたい」
「(授業中)今日何か、みんな眠そうにしているな~、何かしてあげたい」

という声をよく聞きます。
以前に担任をもったクラスで生徒に教室でした「学級レクリエーション、ゲーム、遊び」のアンケートを取りました。
その中で、人気のあった「学級レクリエーション、ゲーム、遊び」です。
2018/03/28追加分へ
続きを読む

中3担任の進路指導〜新年度が始まる前にすべき5つのこと〜

中学3年生、進路指導、資料、新年度、準備、担任、中学校

1.昨年度の3年生担任がもっている「進路ファイル」を読む

チェックポイントは、
・昨年度の結果を確認する。
実績の多い進路先の資料を読む。
・分からない部分をチェックする。
調べたり、他の教師に聞く。
・1年間の流れを知る。
いつ何をするかを確認する。
・各高等学校の難しさを知る。
⚪︎⚪︎高校は、△△くらいの実力の生徒がよく行っている。
・昨年度進路指導の課題を知る。
昨年度の進路指導の問題点があれば、改善方法を考える。
・就職決定までの流れを知る。
どのような環境の生徒が、就職を選択するのかを聞く。

卒業式が終了すれば処分される可能性がありますので、今のうちにお願いしておきましょう。
中学校教師、ブログ、記事、人気
続きを読む

中学校教師が春休み期間に考えること、やっておくこと

中学校学年便りテンプレート「ご入学おめでとうございます」ワード付

4月、入学式当日に配布する第一学年の学年便りのテンプレートです。
皆さんの事務作業の時間をできるだけ短縮できるように作成しました。

おそらく、各中学校でも昨年度の第一号の学年便りがあるでしょう。
それも合わせて、学年便りを作成してください。
中学校学年便りテンプレート「ご入学おめでとうございます」ワードファイルのイメージ
(画像クリックでPDFファイルが表示されます)
中学校、学年便り、テンプレート、ご入学おめでとうございます、ワード、学級便り
中学校学年便りテンプレート「ご入学おめでとうございます」PDFで表示

中学校学年便りテンプレート「ご入学おめでとうございます」ワードダウンロード

中学校教師、ブログ、記事、人気

続きを読む

カレンダー季節行事「学級便り・学年便り」12ヶ月のネタ30選

カレンダー季節行事「学級便り・学年便り」12ヶ月のネタ30選
12ヶ月の主な季節行事を取り上げ、学年便りや学級便りにどのように反映するかを記事にしました。
予定しておけば、「学年便りのネタがない」ということもなくなります。
学年便りは計画的にすべきものなのです。
季節行事に加えて、学校行事や生徒指導関係についての学年便りや学級便りを作成すれば、保護者の信頼を得ることができるでしょう。

季節行事を学年便りや学級便りにする時の基本構成

次の3つを基本構成にします。
1.季節行事を説明した文
2.生徒に作らせた作品(アンケートなども含む)
3.その時の生徒の活動写真

それらを、学級便りや学年便りに掲載するのが基本です。
学級便りであれば、全員分の作品を掲載します。
学年便りであれば、優秀作品、人気作品を掲載します。

それだけでは印象に残らない時もあるので、
「コンテスト」や「サプライズ」
でしかけることもあります。
それでは、スタートです。

1月

<1月1日 元旦>
年度末の学年便り、学級便りに取り入れます。
まず「元旦」を検索して記事にします。
12月の最終学年便りで掲載するのがよいでしょう。
ここで取り上げるのは、「年賀状コンテスト」です。
各中学校で、生徒会主導で取り組んでいなければ、学年で取り入れましょう。
学年を動かせることができなければ、自分のクラスだけでもいいでしょう。
ホームルーム等の時間で、生徒に年賀状を書かせます。
それを縮小コピーして、学年便りに掲載します。
番号をつけて、生徒に気に入った年賀状を選ばせます。
その後、ベスト10を発表します。
ふだん脚光を浴びにくい生徒が選ばれることが多くありました。
「自分がいいな」と思う年賀状があれば、それを自分の書く年賀状に活かすことができます。
書くのが苦手な生徒の指導にもつながっているのです。
中学校教師、ブログ、記事、人気
続きを読む

年度末、書類・データの整理方法(中学校教師版)

年度末、書類、、中学校教師、シュレッダー、整理、大掃除、データ
卒業式や修了式が終了すると、シュレッダーのごみ袋がすぐに満杯になります。
今まで必要と思ってためてきた書類を、まとめて年度末にシュレッダーしている先生がたくさんいるからです。
逆に言うと、それだけ多くの書類を机やロッカーにため込んでいることになります。
中学校教師、ブログ、記事、人気
そこで、今年シュレッダー処理などをする時に考えてほしいことは、それらの書類が
・「机やロッカーに保存しておくべきものだったのか」
・「必要な時に、必要なものをすぐ取り出せる状態だったのか」
ということです。

書類や電子データをもらった時点で、
・「電子データとして残す」
・「捨てる」
・「紙ベースで保存する」

のいずれかの判断をします。
感覚的なものですが、私の場合、
・1%程度を「紙ベースで保存する」
・90%程度を「捨てる」、
・残り10%程度を「電子データとして残す」
という割合でした。
すべて、入手したその日のうちにやってしまいます。
「保存する」、「捨てる」、「電子データとして残す」の判断基準は次のようになります。

1.電子データとして残す時

新聞記事、回覧文書などで参考やネタになる書類は、電子データとして残します。
電子データ化すれば、すぐに捨てます。
私は次のようにして、電子データとして残していました。
続きを読む