望ましくない言動を指摘してもらう

レストランで、大切な人とご飯を食べていた時のことです。
その彼女が浮かない顔をしているのです。

理由を聞いても、教えてもらえませんでした。
しばらく経って、理由を聞けました。
知らず知らずのうちに、相手を傷つけてしまっていたことに気づきました。


記事一覧 page01 <2014/01~2014/06>

記事一覧 page02 <2014/07~2014/12>

記事一覧 page03 <2015/01~>


彼女が真面目に一生懸命話している時でも、「この料理美味しいね」などと今彼女がしている話とはまったく関係のない話をする
ということでした。
私は、自分の無神経さ、鈍感さ、コミュニケーション力のなさを痛感しました。
そのように言われるまで、「美味しいね」ということが相手の気分を害している、なんて思っていなかったのです。
もちろん、食事中に限ったことではありません。
普段からそうだということでした。

彼女は続けます。
人が一生懸命話しているときに、今、言うべきこと?後でもいいんじゃないの??
まったくその通りです。
それ以来、そういった内容を意識的に言わないようにしましたが、改善できるまで結構時間がかかりました。

彼女がいなければ、気づけなかったことです。
私は、指摘されにくいタイプの人間ですから、かなりのエネルギーが必要だったのだと思います。
本当に感謝しています。

しかしながら、いつも指摘してもらえるわけではありません。
こちらがそのような意識をもっていないと、相手も言いづらいものです。
普段からそのような指摘を受けられるよう、謙虚な姿勢で人に接していこうと思います。

広告