多くの人と会うことがいい理由を、里芋にたとえて話します

私は、一人でいるときが大好きです。
意識的に人と会って話をすることはあまりありませんでした。

そんな時、私の尊敬する人が次のような話をしてくれました。
——————–

湯がこうとしている里芋を見て。

たくさんの里芋の中で湯がかれると、角がとれて、丸くなっていく。

しかし、里芋が1つだけなら、そうはいかない。
湯がいた後、角々している。

それじゃあ、いけないよね。
人は、一人だけじゃ成長しない。
限界もある。
多くの人と一緒にいる中で、どんどん丸くなっていく。
人としての成長がある。

最初は気が進まなくても、多くの人がいる場所に飛び込んでいかなきゃだめ。
————-
とてもシンプルな話なのですが、心に残りました。

この話だって、話をしてくれた尊敬する人に出会わなければ、知らなかったままだったのです。

よろしければ、人と会うのが好きではない友人に話してみてください。

広告