定期テストへ向けてのミニ語り「遊んだ以上に、勉強しよう!」

テスト直前の中学生への語りです。
対象は、学習意欲の低い中学1年生、中学2年生です。
題名は、「遊んだ以上に、勉強しよう」です。

〇組の皆さん、試験勉強は順調に進んでいるでしょうか。
うまく進んでいる人?
うまく進んでいない人?

試験勉強をしようと思ったけど、TVゲーム、スマホ、テレビ、インターネットなどの誘惑に負けて、遊んでしまったことがある人?

そうですよね。
自分の計画した通りに勉強を進めることは難しいものです。

時には、誘惑に負けてしまうことだってあるでしょう。
じゃあ、テスト前のこの時期、どんな目標を立てて頑張ったらいいのか?

既に頑張っている人は、そのまま突き進んでいきましょう!
しかし、そうではない人は不安が大きいのではないでしょうか。
皆さんに、「遊んではいけない」ということを伝えるつもりもありません。
試験前でも遊んでしまっていた先輩がやっていたことで、実際に成績が上がった方法を少し紹介します。

その先輩は、試験直前でもゲームをやってしまっていました。
誘惑に負けてしまっていたのです。
誘惑に負けたと思うと、さらに自信をなくします。
そうすると翌日も、ゲームをやってしまう。
そうするとさらに自信がなくなり・・・。
完全な悪循環です。
そこで、その先輩は考えを改めました。
それは、
遊んだ時間以上に、勉強時間をとること
でした。
それ以来、ゲームはするものの、それ以上の時間、勉強することができました。

ポイントは、
自分でルールを決めたこと
です。

なんだってそうです。
自分自身で考えて工夫するから、面白くなるのです。

さあ、まもなく○○テスト。 
遊んだ以上に勉強するというルールだけではありません。
自分でしっかりルールをつくって、頑張ってはどうでしょうか。

広告