五教科の先生は四教科の先生の授業、四教科の先生は五教科の先生の授業を参考にする

数ある授業技術の学び方の1つの方法です。
9教科それぞれ教科の目標が違います。
目標を達成するためのアプローチも違います。
特に四教科の先生と五教科の先生は違います。

どうやって引き付けているのか。
どうやって次の行動に移すのか。
どうやってリズムやテンポをよくしているのか。
どうやったらハキハキした元気な声を生徒が出すようになるのか。

例えば、英語の先生が音楽の先生の授業を見ると、とても参考になったと聞くことがあります。

いわゆる教科を越えた教科共通の授業の技術を学ぶのです。

このような努力をコツコツ続けていくのです。

広告