時間がかかる時もある。それが教育。

生徒に何かを指導した時。
直後から急に変わる場合もあります。
その一方で、卒業して何年かして変わる場合もあります。

それが教育です。
リトマス紙が変化するようにならないのです。
小さな木の芽が何百年後に大木になる、そんな変化なのかもしれません。
一日一日の変化は、目に見えないけど、着実に成長しているということは間違いないのです。

だからこそ焦らず、どんとかまえて、やってみるのも一案なのです。

広告