先生の日常の誠実な態度を、生徒は見ている

「自分の立ち振る舞い」を意識しなければなりません。
「勉強しなさい」と生徒に言うのなら、自分も勉強し続けなければなりません。
「本を読みなさい」
「TPOをきちんとしなさい」
「人の話を聞くときは、姿勢を正しなさい」
すべて同様です。
「自分のできていることしか言ってはいけない」とまでは言いません。
しかし、先に述べたようなことは、先生として当然のことと言えるでしょう。

そういった日常の誠実な態度を、生徒は見て、感じているのです。
wpid-wp-1433255380910.jpg

広告