これから情報(SNS等)を発信しようと思われている先生が最初に考えること。

先日読者の先生から次の質問をいただきました。
——————-
1年前の4月から、応援の空を見ています。
学級通信の書き方を調べていたら、たどり着きました。
春野先生を見習い、私もブログを始めました。
ブログの目的は、読者の方のためというよりも、自分の備忘録、学んだことをまとめる手段として使っています。
文章力がアップしたような気がします。
1つ質問があります。
春野先生のブログのアクセス数を勝手ながら計算しました。
5月に入って、3日ほど同時刻での春野先生のブログのカウンターを見ました。
私の計算間違いかもしれませんが、1日に4000アクセス以上ある計算になります。
私のブログの1日のアクセス数は、1日に多くても20~30アクセス程度です。
どうすれば、1日に4000アクセスもあるようになるのですか。
人に見られるために書いているわけではないのですが、どうしても気になったので、メールしました。
お忙しい中すみません。何かヒントになることがあれば、教えてください。
——————-
その返事です。

メールありがとうございます。
確かにその通りです。
2015年に入り、1日の平均アクセス数は3000を超えています。
予想以上のアクセス数に驚いています。
5月中旬頃に100万アクセスを突破しました。

さて、ご質問のアクセス数についてです。
(実際にこの先生のブログアドレスが記載されてあったので)先生のブログを閲覧させてもらいました。
○○科について書かれている記事、とてもためにました。特に○○の記事については、本ブログでも紹介したいくらいです。
基本的に、アクセス数を気になさらず、そのまま書き続けてくださればと思うのですが、もし、アクセス数を増えるようにしたいのであれば、次のことをいくつか試してみてはどうでしょうか。


・書く範囲や対象を限定すること。
例えば、
話し方→先生のための話し方→中学3年生と話す時の話し方→中学3年生と帰り際に話す時の話し方→テスト前中学3年生と帰り際に話す時の話し方→テスト前中学3年生と帰り際に話す時の内容で言っておくこと

・他で書いてあることを書かないこと。

・他人の書いた文章を少し変えて記事にしないこと。

・先生独自の感性を大切にすること。

・文章量を多くすること。
1つの記事につき、少なくとも1000字以上が目安。本ブログで特にアクセス数の多い記事は、3000字を超える記事です。

・自分の経験や事実に基づいた内容にすること。

・ブログを書くという目的のために、本を読まないこと。

・普段からアンテナを張っておくこと。

・憶測で記事を書かないこと。

・「思い」なら「思い」と分かるように書くこと。

・写真を入れること。

・更新頻度をあげること。
例えば、ある記事が面白くて、違う日にブログを見に来てくださった時に、新しい記事がなければ、もう次はないでしょう。

・1日に5記事を書くより、1日1記事を5日続けること。


また、知っておいてほしいこと、心がけてほしいこともあります。
・アクセス数がアップするのは、1週間に3~4つの記事の更新を3ヶ月以上続けてから。

・アクセス数をアップするには、検索結果で上位表示されること。それを判断するのは、googleさんです。そのgoogleさんの判断基準は知りませんが、「役に立つもの」を上位表示されるようにしているようです。これは、知り合いのエンジニアから聞いたことです。

・検索結果に表示されてほしい言葉を記事名(記事タイトル)に入れる。

・アクセス数に一喜一憂せずに書くこと。

「批判して終わり」のような悲しい寂しい記事にしないこと。


自分が学んできたことをまとめるため、私はブログを続けています。
考えを整理したかったのです。
基本的にその時に書きたいことしか書きません。
結果としてアクセス数がアップしていることは、嬉しいことです。
ブログを見てくれる先生といつか一緒に仕事をしたいというのも、私の夢の1つになっています。

広告