GW明けに生徒に伝えること

ゴールデンウィーク明けに生徒に伝えることは決まっています。
4月の最初、出会いの時に言ったことをもう一度伝えるのです。

image

<学年レベル>
多くの中学校では、「〇〇な学年にしていく」ということを4月当初の学年集会や学年便りで伝えているはずです。
それをもう一度、学年の先生全体で生徒に伝えていくのです。

<学級レベル>
担任の先生が、学級で絶対に守ってほしいこと、こうしていきたいと思うことをもう一度生徒に伝えます。
内容は、学級開きで伝えることを書いたメモ、学級通信などを確認しましょう。
語りが長くならないよう、短くすることがポイントです。
同じように語ると、そんなくどくなるので、「私が4月の学級開きの時に伝えたことは何だったか覚えていますか。(  )に当てはまる言葉を考えてください」というような言い方でもいいでしょう。

<授業レベル>
各教科の授業の目的、授業で守ってほしいことをもう一度伝えればよいでしょう。

<部活動レベル>
「〇〇部の活動方針は〇〇である」という内容でいいでしょう。

効果的なタイミングで、生徒に伝えた内容を、再度伝えていかなければなりません。
5月のGW前後は、生徒の心も春の天気のように大きく変わっていきます。
その時期をチャンスと捉え、細やかに観察し、指導に役立てていくのです。

問題行動が起こるのを予防しすぎるのもいけませんが、起こるであろう問題をあえて放置しておくのはもっとよくないと言えるでしょう。

広告