黒板をきれいに消すコツ

黒板消し、コツ
黒板をきれいに消すコツです。
退職直前の先生に教えてもらいました。

図に書いている通りです。
黒板は、上から下へ消すのが基本です。
黒板消しの上部を黒板に押しつけながら、ゆっくり上から下へと体重をかけながらおろしていきます。
それを繰り返し、全面をきれいにします。
その後、黒板の上の部分と下の部分に残っている汚れを左から右(あるいは右から左)に、黒板消しの半面を押さえつけながら、ふき取ります。
これで終了です。

黒板は、教師の頭の中を表します。
黒板が汚れていると、教師の頭の中もよどんでいるのです。
きれいな黒板は、きれいな板書を生み出します。
少しでも汚れがあると、それが気になって勉強に集中できない生徒もいると聞いたことがあります。

「黒板をきれいにする」
学級経営上当たり前のことですが、押さえておくべき基本です。

広告