中学校初任者 4月着任時の行動指針

中学校初任者、4月、やること
中学校の初任者が、4月に着任してからすぐの過ごし方(特に最初の1週間)は極めて重要です。
生徒が学校に来る前に、どのような準備をしておくのか?

まずは、よくある失敗例です。
4月1日、辞令を受け、勤務する中学校へ初めて行くことになります。
多くは、職員会議での挨拶から始まるでしょう。
その後、そのまま職員会議に参加することになります。
その職員会議は、2~3日間続きます。
それと並行して、学年会議、教科の会議、校務分掌の会議があります。

何が何だか分からないまま、「言われたこと」、「決まっていること」をこなす慌ただしい日々が続く

のです。
気がつくと、始業式や入学式の前日です。
その前日にもやることがたくさんあります。
学年で生徒を迎え入れる準備、教室の最終確認、各種書類の準備などなど。
それが終わると、先輩の先生から「明日から生徒が来るから今日は早く帰ろうね」と言われる。
しかし、肝心要の教科の授業準備、学級開きの準備をほとんどやっていない・・・。
そこから夜遅くまで準備するものの、うまくまとまらない。
そして中途半端なまま、寝不足の状態で学級開きや授業開きをする。
結果、つかみを失敗してしまう・・・。
極端な例ですが、このようなことを未然に防がなければなりません。

では、どうするのか?
3つの行動指針があります。

・周りの流れに身を任せすぎないこと
・自分自身の仕事時間をもつこと
・4月最初に何をするか決めておくこと

です。

周りの流れに身を任せず、自分自身の仕事時間をもって、必ずやっておくこと(優先順位の高いこと)は次の2つです。

・授業準備
・学級準備(担任をもつ先生)

この時期は、やることが山のようにあります。
初任者が全てのことを完璧にやろうとすると、いくら時間があっても足りません。
もし、やることがたくさんあり、その上、他にやることを他の先生に言われたら、「授業準備もあるのですが、どちらを優先させたらいいですか?」と謙虚に相談するのもいいでしょう。

着任早々の慌ただしさを防ぐために、授業の準備や学級の準備を着任前にやっておく先生もいるようです。
着任前に「準備するのはよい」、「しないのは悪い」ということではありません。
今まで生きてきた中で培ってきた判断基準で、ブレずに堂々と行動してくださればと思います。
余裕のある方は、次の記事もよろしければ、ご覧ください。
中学校教師が2月から始める「今年度の振り返り」と「次年度の準備」 の「次年度の準備のポイント」をご覧ください。

春野はブログから全力で応援しています!


記事一覧 page01 <2014/01~2014/06>

記事一覧 page02 <2014/07~2014/12>

記事一覧 page03 <2015/01~>


広告