周りの先生に声をかける

周りに、悩んでおられる先生、辛い思いをされている先生はいないでしょうか?
もし読者の先生に余裕があるのなら、そのような先生に声をかけてほしいのです。

「〇〇先生、何か手伝うことあればやるよ(^^)」
みたいな、軽い感じです。
仲間だから一緒にやろう、という姿勢で話しかけます。
上から目線ではありません。
それを1週間に1回程度続けます。
ずっと「大丈夫です」と言われるかもしれません。
それでも、続けます。

よほど、「話しかけてくれるな」オーラが出ていたら別ですが、「手伝うよ」って言われて嫌な顔をする先生は少ないでしょう。
何回か続けていくうちに、「〇〇について悩んでいます」「〇〇を印刷しておいてもらえませんか」って言ってくれるかもしれません。
そして一緒に印刷している時に、生涯忘れられない仲間になるかもしれないのです。
大袈裟かもしれませんが、人生が変わるのです。

ずいぶん以前の話になりますが、私も声をかけられて、助けてもらった経験があります。
忘れもしません。
教師3年目、仕事をうまくやることができずに苦しんでいた頃の話です。
夜の10時に1人で印刷をしていました。
その時に、携帯に電話がかかってきたのです。
同期の先生でした。
「まだ、学校いるの?今近くいるから、すぐ行く」
と言って、10分後に印刷室に登場したのです。
そして、どうでもいい話を笑顔でしながら、一緒に作業を手伝ってくれたのです。
本当に嬉しかったことを覚えています。

話を戻します。
「あの時の、あの一言のおかげで教師を辞めずにすんだ」
「あの時、〇〇してくれたから、今の私がある」
なんてことは、よくることです。
それが明るい未来につながっていくのです。


記事一覧 page01 <2014/01~2014/06>

記事一覧 page02 <2014/07~2014/12>

記事一覧 page03 <2015/01~>


広告