分厚い資料を職員全員に配布する時代は終わった

以前私は、「職員会議で分厚い資料」で提案する教師が優秀だと思っていました。
しかし、今は違います。
全くの逆です。
A4のプリント1枚、あるいはB4(2段)のプリント1枚で、分かりやすくまとまっている提案の方が優秀な提案です。
分厚い資料は、「時間」と「紙」の無駄遣いです。

中学校教師、教育、ブログ、仕事術

これは、本当に無駄だなと思った話をします。
どの中学校でも「年度末反省」というものがあります。
まず、各部からの年度末反省が職員会議の議題にかけられます。
「分厚い資料」を反省として出した部は、「優秀」のような雰囲気があります。
その後、修正して完成となります。
さらにその後、それらの年度末反省をまとめた「平成26年度○○中学校年度末反省」冊子を全職員に配布するのです。
多くは、20~30ページ以上になります。
使用する紙の枚数(両面印刷、職員の人数40人)=15枚×40人=600枚
印刷する及びセットするのにかかる時間=3人×1時間=3時間
時間と紙を無駄に使いすぎなのです。
冊子を職員全員に配布する意味なんてまったくありません。
電子データ(+紙冊子1部)だけを残しておけばいいのです。
職員会議で、「まとめが完成しました。PCの○○に入れいていますので、ご確認ください。」と15秒で言うだけで十分でしょう。
もう一度言います。
なぜ、配るのですか?

提案資料は、A4(B4)サイズ1枚に、まとめるべきなのです。
「しっかりした提案」を分厚い資料でごまかしてはいけません。
どうしても、資料が分厚くなるのなら、「概要版」だけを職員会議にかけるべきなのです。
概要版で不足な部分は、「詳細版を見てください」と言えばいいのです。
まとめる方法については、検索もできますし、良書も出版されています。

広告