「どのような生徒に育てたいのか」「どのような世界にしたいのか」、自分の信念をもつ

どのような生徒に育てたいのか?
どのような世界にしたいのか?
この質問に答えられれば、中学校教師としてブレずにやっていけるでしょう。
即答できない場合は、時間を捻出して自分なりの答えを出してください。

ちなみに先の質問に対して、私なら次のように答えます。

「どのような生徒に育てたいのか」
どんな困難な状況においても、自分の頭で思考し、自分の言葉で語り、自分の意思で行動できるような生徒。
そして、その行動への判断基準は「優しさ」に裏打ちされていること。

「どのような世界にしたいのか」
自分が「得意で」「好きで」「人に喜ばれる」ことを仕事にできる世界。
皆が必要とされた平和な世界。

こんなところでしょうか。
今完全に決めてしまう必要もありません。
私も年々変化していますから。
考え始めたら、いろいろやりたいこと、今までになかった視点が出てきます。
ぜひ、始めてください。

広告