振り返りノートに書いた39の言葉

私は、振り返りノートをつけています。
自分を振り返る時間がなければ、つらい体験も単なる「徒労」で終わるで以前記事にしました。
このノートが、今のブログにつながっています。
数十冊以上になりますから、ブログのネタに困ることはありません。
さて私は年目の頃、とてもつらい毎日を送っていました。
そういう時のノートに書く量は、普段の倍にも倍にもなります。
それを先日読み返し、「今の自分でも使える」と思った言葉をを39個選びました。
それぞれの言葉に、それぞれの思い出があります。
思うところあり、恥ずかしながら記事にします。
いつもながら、超自己満足な記事です。m(_ _)m
※「中学校教師が使う文房具30選」、文房具を1つ追加しました。


中学校教師、教育、ブログ、仕事術

  1. 今乗り越えられなくても大丈夫。乗り越えるチャンスがまた来る。その時乗り越えたらいい。
  2. いつも周りに褒められることは自信をもってよい。
  3. 分かってくれる人が一人いれば大丈夫。
  4. ネガティブな感情も大切にする。強引にプラス思考しない。
  5. 自分がもっている良い部分を表現する練習をする。
  6. 目の前の辛いことは、すべて明るい未来へつながる。
  7. 教師業は修業であっても修行ではない。(ここでの「修業」=学問や技芸などを習い修めること、「修行」=精神の鍛錬、辛いこと)
  8. 大丈夫。あなたが考える程、周りはそれほど気にしていない。
  9. 雑用は雑用と割り切る。
  10. 「無理やり」のモチベーションで、「無理やり」やろうとしない。
  11. 調子の悪い時に、人を攻撃しない。
  12. 自分の得意分野ばかりで勝負しない。たまには苦手分野も挑戦する。
  13. 7years are enough.
  14. 学校力は、チーム力、組織力。一人では何もできない。
  15. 答えが分かっていても、人の話をさえぎらない。
  16. 他愛のない話をする力。
  17. 嫌われ上等。
  18. ありのままのあなたが一番素敵です。
  19. 嫌われそうになったら、自分から先に嫌う。これは、やってはいけない。単なる防衛反応。
  20. 理想の1週間を書いてみる。
  21. まずは、朝だけでもゆったり過ごす。
  22. 全部を一度にしない。分けてできる部分を1つ1つする。
  23. 成功体験をプレゼントする。
  24. 思考すれば、すべてつながる。思考が強ければ、仲間を引き寄せる。
  25. 完璧な人間などいない。
  26. 2歩進んで1歩下がる。3歩進んで2歩下がる。・・・。101歩進んで100歩下がる。それが人生。
  27. 22時を超えたら、絶対布団に入る。
  28. 7年も続けられれば、それだけで適性があるということ。
  29. 余裕があるから、大人な対応ができる。
  30. 嫉妬心を感じたら、飛びっきりの笑顔で返す。
  31. 感情を抑えて、感情をなくすのが一番怖い。
  32. 相性の合う教師に近づく。
  33. 好きな事はどんどんやってよい。罪悪感など感じてはいけない。
  34. あれこれ考えずに、まず動く。質問は終わってから。
  35. 単に知っているだけではダメ。それをどうしていくのか、ということ。
  36. ずっと悪い状態など、ありえない。
  37. トラウマを書きだす。悪い思考パターンの原因を突き止める。次に活かす。
  38. 自分が「得意で」「好きで」「人に喜ばれる」ことを、世界中の人が仕事にすれば、平和な世界になる。
  39. 教師という仕事を楽しむ力。
広告