感性を磨く~季節の変化を意識的に体で感じる~

本ブログでは「感性を磨く」ことの大切さを繰り返し記事にしてきました。
今回は、「季節の変化を意識的に体で感じる」です。
数百万年の間、人類は季節に合わせた生活をしてきたのです。
意識的に感じれば、エネルギーが湧いてきます(いわゆる「個人的な感想」です が…;^_^ )。
先日、出張先から直帰だったので、自宅のある駅から一駅前で降り、田舎道を通ることにしました。
中学校教師、気分転換、方法、01
季節は、明らかに変化していました。
いくつかの秋を発見しました。
写真も多く撮影でき、贅沢な一日となりました。
このページの最後の方には、数種類の「昆虫」が登場します。
「昆虫」の苦手な方は、見ない方がいいかもしれません。

なお、一番最後に、調べても名前の分からない昆虫の写真を掲載しています。
ご存知の方は教えてもらえると嬉しいですm(_ _)m。

中学校教師、教育、ブログ、仕事術

ドングリです。
ちなみに、ドングリとは、ブナ科の木の実の呼び名です。
道にもたくさん落ちていました。
見上げるとクヌギがそびえたっていました。
中学校教師、気分転換、方法、02

ネコジャラシです。
ネコジャラシの正式名称は、イネ科の「エノコログサ」です。
中1の1学期に学習します。
秋は、イネ科の植物が穂を垂らしています。
中学校教師、気分転換、方法、03

イネです。
収穫間近です。
中学校教師、気分転換、方法、04

秋の空に多い、「鯖(サバ)雲」です。
鰯(イワシ)雲や鱗(ウロコ)雲と似ています。
「鯖(サバ)雲」、鰯(イワシ)雲、鱗(ウロコ)雲などは、高いところにできる巻積雲(けんせきうん)の俗称です。
中2の最後(多くは2学期末~3学期)に学習します。
中学校教師、気分転換、方法、05

オオカマキリです。
ピントが合っていませんm(_ _)m。
道の上を歩いていました。
小さいころたくさん取っていました。
卵をもって帰り、春先に孵ってしまい、ベランダが「カマキリの赤ちゃんだらけ」なりました(2年連続)。
母親に笑いながら怒られた記憶があります(2年連続)。
中学校教師、気分転換、方法、08

ショウリョウバッタです。
夏にはまだ羽が生えそろっていませんでしたが、今日は立派な姿を見せてくれました。
中学校教師、気分転換、方法、09

次からが問題の写真です。
道のど真ん中に、ある一匹の昆虫が、かまってほしそうに、うずくまっていました。
中学校教師、気分転換、方法、10
近づいてみると・・・、こんなけったいな恰好をしていました。
お腹が大きかったので、雌だということは分かりました。
「ウマオイ」?「ヤブキリ」?
ってか、こいつは何をしているんだ???
とにかく、こんなところでうずくまっていると、間違いなく、踏みつけられるか、鳥のエサになるのがオチだと思ったので、草むらに移動させようと捕まえようとしました。
その瞬間・・・!
中学校教師、気分転換、方法、11
突然、こいつは怒りだしたのです。
やるじゃないか!
めっちゃ、いい顔しています。
多分私だけでしょうが、この顔にテンションが上がりました。
中学校教師、気分転換、方法、12
でも、私への怒りでエネルギーを使っていては、卵を産めなくなると思ったので、そこは大人に怖がるふりもせず、草むらへ移動させました。
中学校教師、気分転換、方法、13
私が今まで見た昆虫の中で、最大クラスの大きさでした。
キリギリスよりもカマドウマよりも、はるかに大きい。
写真の右側の私の手の大きさや葉の大きさと比べてみても、その大きさが分かります。
たぶん、「ヤブキリ」だと思うのですが・・・。
私が以前に8月に撮影した「ヤブキリ(これは雄)」(下の写真)とは、大きさや顔の形が違うのです。
中学校教師、気分転換、方法、014
どなたか詳しい方がいらっしゃったら教えてください。


(特にお礼等はできませんので・・・。あしからず。)
夏休みの自由研究になってしまいました。
「秋」を発見して、テンションが上がった春野でした。

広告