中学校 授業の基本技術・授業のネタのページ

「中学校も、教師の授業の技術が向上すれば、荒れなんてなくなる」
これは言い過ぎでしょうか。
いや、そんなことはありません。

中学校教師こそ、「授業」で勝負しなければならない

のです。
放課後学習、朝学習、家庭学習、・・・。
これらはもちろん有効です。
大賛成です。
本ブログでも記事にしています。
しかし、これらは「主」とはなりません。
「主」とは、もちろん「授業」です。
中学校教師は1日に6時間も、生徒の大事な時間を預かって授業をしています。
生徒は、その1日6時間の授業を受けなければなりません。
生徒は「部活動」を自分で選べますが、「授業」は自分で選べないのです。
それが3年間続きます。
1日に6時間、3年間も預かっているのなら、学力を保障できなければならないのです。
中学校教師以外の方が、「勉強を中学校だけに押し付けてはいけない」「家庭の教育力も大事」と言ってくださります。
それは、とてもありがたいことです。
しかし中学校教師側は、それをそのまま受け止めてはいけなのです。
本記事では、今までの「中学校の授業」についての記事を掲載します。
今後も新しい記事を掲載する予定です。
中学校、授業、技術、コツ、指導法、基礎基本

中学校教師、教育、ブログ、仕事術、授業、コツ、方法、指導法、技術、基本

<中学校授業のネタ> 

<中学校授業の基本技術など>

広告