中3になって成績が伸びた生徒が、中1・中2の時に守っていたこと

勉強、成績が伸びる、中学3年生、中学2年生、中学1年生、条件
「中3になったら勉強するから大丈夫」
と言う中学1年生、中学2年生がいます。
しかし、中学3年生になって本格的に勉強を始めた時に、「成績が伸びる生徒」と「伸びない生徒」に分かれます。
「成績が伸びた生徒」が、中学1年生、中学2年生の時に必ず守っていたことを、事前に伝えておかなければならないのです。


記事一覧

「成績が伸びた生徒」は、中学1年生、中学2年生の時に守っていたことは、

・中学1年生や中学2年生時に、定期テストの度に問題集などをやり残すことなく勉強していた
・放課後の部活動や何かしらの習い事に休まず一生懸命取組んでいた
・提出物をしっかり提出していた

などがあります。
このような生徒が、中学3年生から、受験を意識した勉強を始めると、メキメキ力をつけてきます。

中学3年生になれば、ほとんどの生徒は勉強し始めます。
だから、自分の学力は上昇したとしても、周りとの比較で考えた場合、相対的な位置はほぼ変わらないのです。
これも理解させておかなければなりません。

中学3年生になって「勉強しても成績が上がらない」と言う生徒がいた時に初めて伝えることではない

のです。

さて、これらのことを伝えるのは、中学1年生や中学2年生のうちでなければなりません。
1学期の最後の学年集会でもよいでしょう。
学級通信や学年便りを利用するのもよいでしょう。
学年の進路担当の先生が、丁寧に説明するのです。

広告