「子どものため」を判断基準にしてはならない|中学校教師の意思決定

中学校教師、仕事術、業務、事務書類、多すぎる、コツ、方法、判断
教師が何かをやろうとする時の魔法の言葉?があります。
「子どものためになる」
です。
この言葉がNGということではありません。
この言葉が教師の判断能力を鈍らせているのです。
「子どものために」
そんなことは当たり前です。

教師なのですから。
この言葉を「判断基準」として使ってしまうと、すべて「やる」ことが前提になってしまいます。
だからこそ、何かをやるかやらないかを判断する時に、持ち出してはいけない言葉なのです。
中学校教師、ブログ、記事、人気

判断する時、
「いつどこでどれだけの量をやるか」
ということを議論する場合が多いでしょう。
「子どものため」が最初にあると、どうしてもそのような議論になってしまいます。

そこで、
「そもそも、これはやる必要があるのか」
ということも選択肢の一つとして考えなければならないのです。
「確かにこれをやれば、子どものためになる。しかし、やらなかった場合、その分授業準備の時間や生徒と対話する時間が増える」
その方が子どものためになることもあるのです。

「やらないことの方が子どものため」になる時も多いのです。
しかしこのような自分で自分の首をしめる「やる決断」が現場ではよくされるのです。
提案している教師は、おそらく「思い」や「余力」もあるでしょう。
しかし、そうでない教師もいるのです。
「子どものため」という言葉が判断能力を鈍らせているのです。

私は本ブログで、ハードルの高いことを発信することもあります。
例えば、学級通信、学年便りについては特にそうです。
発信していることをすべて実現しようと思えば、犠牲にすることが多くなる教師もいるはずです。
例えば、
「学級通信を夜中に書いた。その結果、次の日パフォーマンスが悪くなり、生徒にきつく当たってしまった。授業がうまくいかなかった」
のであれば、考える必要があるのです。
これだけで判断できる問題ではありませんが、その時は、学級便りを発行しなかった方が「子どものために」なったのかもしれません。
それでも「学級便り」を発行したいのであれば、「仕事術」を工夫して時間を生み出すことが先になるでしょう。
「そもそもやらない」も、選択肢としてありえるということです。

「子どものため」という言葉をなくして判断することが、「子どものため」になるのです。

広告