余裕のある中学校教師の方は・・・(2)

余裕のある中学校教師の方は・・・
で、質問や疑問、悩みに関する投稿を受け付つけました。
6月20日(金)まで受け付ける予定でしたが、あまりにも件数が多いため締め切らせていただきました。
投稿してくださった方、ありがとうございました。
中学校教師、ブログ、記事、人気

今後、回答できるものについては、順次記事にしていく予定ですが、時間がかかります。
また、回答できないものもあります。
ご容赦ください。
内容は、
・部活動で、休む暇がない。
・校務分掌、自分だけが多すぎる。他の中学校もそうなのでしょうか。
・感性のない教師に「班活動を学校全体でやるように言われた」。対処法。
・ほんの少しだけ余裕が出てきたので、周りの教師を引っぱっていきたい。
などです。
取り急ぎ意識して考えることは、
「問題解決のコツは、自分の判断できるサイズに問題を細分化すること」
です。
今後の記事でお伝えできたらと思います。

読者の皆様が現場で奮闘している姿を想像するだけで、熱くなります。
くれぐれも体調を崩されませぬよう、ご自愛ください。

以下は、「余裕のある中学校教師の方は・・・」からの抜粋になります。

お疲れ様です。
6月7日(土)~6月20日(金)の2週間限定で、質問や疑問、悩みに関する投稿を受け付けることにしました。
理由は、
・「中学校教師疑問解決サイト」を作成してほしい
・質問を受け付けてほしい
というメールが特に最近増えてきたためです。
できる限り回答していこうと思います。
下記の質問フォームにご記入ください。

質問とその回答を公開することにより、当ブログを訪れてくださった方にシェアして、
「生徒と話す時間を増やす」
「自分のための時間を増やす」
「中学校教師という職業を楽しむ」

ことが私の希望です。

例えば、次のような内容に関することであれば歓迎です。
・教師間の人間関係(先輩教師、後輩教師、同僚)
・教材準備
・休日出勤、残業
・生徒のやる気(いわゆる学習意欲)
・校務分掌
・事務書類

また、「私のこのような考えは間違っていますか?」という内容でも構いません。
余裕のある先生は、自分だけのことだけではなく、「〇〇で悩んでおられる先生がいます」という書き方でもOKです。

(中略)
・あまりに、ご質問が多い場合は、〆切日前に質問受け付けを終了します。

広告