ブログを書き続けて起こった変化|中学校教師の仕事術

中学校教師、ブログ、方法
1日のアクセス数が1000アクセスを超えるあたりから、読者の方からご感想をいただくようになりました。
お忙しい中のご感想、本当にうれしい限りです。
ブログを書くエネルギーになります。
ご感想の送信方法については、「読者の皆様のお声を聞かせてください」をご覧ください。

さて、その中に多かった質問があります。
中学校教師、ブログ、記事、人気

「毎日どうやったら、これだけの内容のブログを書けるのですか。私もブログをやっていますが、2~3週間に1つの記事を書くのがやっとなんです。書くネタもすぐにつきてしまいます。教師が、内容のある記事を書くコツをアップしてもらえると嬉しいです。よろしくです。」

という内容です。

実は、1日に1つの記事を書くのは、かなり厳しいのです。
記事にする内容の問題もありますし、時間の問題もあります。

記事の長さと期間は自分でノルマを決めていました。
「3か月間」、「1記事1000字以上」、「毎日」です。
今のところ1つの記事の長さは、平均2000字以上です。
1月から始めて、もう3か月以上経ったので、そろそろペースを落とそうと思っていたのですが・・・。
毎日多くの読者の方が見に来られているので、もう1日、もう1日と思って書いています。
突然、更新頻度が落ちるかもしれません・・・(≧0≦)。

さて、書く内容についてです。
これまでかなり長い間塾講師、中学校教師をやってきました。
その中で仕事をしてきたことをまとめています。
まだしばらくは、書く内容がなくなることはありません。
昨今の教育問題や課題を考えていると、書きたいことがたくさん出てくるくらいです。

記事を書き続ける理由です。
悔しくて悔しくて、今でも忘れられない体験」で記事にもしましたが、この記事にたどり着いてもらった読者の皆さんに、楽しく仕事をしてもらうためです。
また、他の教師に振り回されない力をつけてもらうためです。
そうなったことを聞くと私はとても幸せです。
私の最高のエネルギーになります。

偉そうなことを書いてしまいました。
皆さまのご活躍をお祈りしています。

広告