家族の心が離れるとき|中学校教師のプライベート

家族、中学校教師、大事、両立、難しい
日本愛妻家協会に「愛妻家テミル五原則」というものがあります。
親しい友人に教えてもらいました。
日本愛妻家協会のホームページからの引用です。

1.やってみる 妻が喜ぶ家事ひとつ
2.出してみる 気づいた時の感謝の言葉
3.聞いてみる 世間ばなしと今日の出来事
4.捨ててみる ミエ、テレ、タテマエ、セケンテー
5.なってみる 恋した頃の触れ合う気持ち

中学校教師、ブログ、記事、人気

教師の仕事に集中するあまり、ご家族の方、特に奥さんに負担をかけていないでしょうか?
例えば、「仕事で毎日遅くなるため、当然のように子育てや家事をほとんど奥さんに任せている」といったことです。
そんな時に、「愛妻家テミル五原則」を実践してほしいのです。
それこそ、「ミエやテレ」を捨ててほしいのです。

「生徒指導ができる優秀な教師の離婚」を私はたくさん見てきました。
結婚して、3年4年であれば、奥さんも「教師という職業だから、家での夫の行動は、許してあげないといけない」と思ってくれるかもしれません。
しかしこれが、10年もたってくると話は変わってきます。
ある日突然、「離婚します」と突きつけられるのです。
その時に気づいても、もう遅いのです。
「自分だけは関係ない」という話ではありません。
「教師だけが特別な職業」ではないのです。

本ブログでも、記事にしています。

生徒を大事にするのと同じように、家族も大事にしてください。

広告