生徒の好奇心を高める「教科便り」の作り方(実物資料)

いよいよ今日です =*^-^*=
2月12日放送「生命38億年SP最新脳科学ミステリー」は必見
中学校教師
私は教科便りを作っていました。
学年便り、学級便りもありましたから、無理のない範囲で発行していました。
一例を示します。
イメージ
中学校、理科通信、理科便り、発行、コツ、方法
教科便りは、

「教科」の好奇心を高めるため
「教科便り」を通して生徒を褒めるため

に発行していました。

主な内容は、

・生徒の優秀作品
・新聞等の時事ネタ
・教科のニュース(私の場合は理科)
・授業のようす(発表、話し合い、学習のようす)を写真で掲載

です。

生徒の優秀作品を掲載するのはとても好評でした。
優秀作品と言っても、実験レポートだけではありません。
ふだんのノートも取り上げていました。
理科に苦手意識のある生徒が、「よい視点でレポートを書いた」、「ノートがうっとりするくらいきれいだった」時、教科便りに載せていました。
教科通信、教科便り、発行、コツ、方法、中学生、関心を高める、好奇心
新聞の時事ネタは絶対に外せない内容です。
この年は、金環日食、IPS細胞などたくさんの科学ニュースがありましたら、ネタにつきませんでした。
年度末に授業アンケートを毎年取っていましたが、「理科便りの新聞記事を見ていたら、理科が好きになった」という感想がたくさんありました。
教科通信、教科便り、発行、コツ、方法、中学生、関心を高める、好奇心
教科のニュースは、今までストックしてきたものを使用していました。
例えば、天気の範囲の導入であれば、
「天気に関することわざ」などを取り上げるのです。

最後の授業のようすを写真に掲載すること、これはインパクトがありました。
教科便りは、教職員にも配布します。
それを見た担任が、「へ~、理科で〇〇さんは、こんな感じでがんばっているんですね」と会話のネタにすることができます。
また、写真を撮る時に、「理科便りに載せるの?それだったら、このシーン撮ってください」と注文をつけるようにもなりました。

「学年便り」や「学級便り」と同じく、「褒める」ために教科便りを発行する

のです。
教科通信、教科便り、発行、コツ、方法、中学生、関心を高める、好奇心
「教科便り」・・・超お勧めです。

広告