研修や研究会の発表者に決まったら、最初に考えること

セミナー、講師、発表、中学校、初めて
採用されて、2年、3年も経ってくると、発表しなければならない時が出てきます。
このチャンスを活かして、最大限成長して欲しいのです。

発表までのスケジュール及び専用ノートの作成

まず、発表準備専用のノートを1冊(A4)を準備します。
そこにすべての資料を貼り付けていきます(テープのり)。
予定表は、自分の持っている手帳等に直接記入しても、コピーしてノートに貼り付けてもよいでしょう。
発表の規模にもよりますが、私は3ヶ月前から準備します。
おそらく、教師の方の発表は、「校区内の小中学校が集まって各校ごとの実践を発表する形式」ではないでしょうか。
時間にしておおよそ30分、使用する機器はパワーポイントとプロジェクターといったところでしょうか。
1か月前までに、写真やデータの資料をできる限りたくさん集めます。
2週間前までに一度、プレゼンテーションを完成させます。
そして、一度リハーサルを兼ねて他の教師に見てもらいます。
1週間前までに修正したプレゼンをもう一度見てもらいます。

導入のコツ

必ず、「会場校」の写真から入りました。
例えば、会場校の運動場で、放課後元気に遊んでいる子どもたち(顔が分からない大きさ、著作権に注意して)の写真を当日に撮り、スライドの1枚目に挿入しておきます。
自己紹介の後、その写真を最初に示し、
「本当はこのスライドが最初の予定ではありませんでした。でも、今日、◯◯小学校の門をくぐった時に、思わず撮ってしまいました。なんて伸び伸びとした子どもたちなんだろうと。
このような子どもたちを中学校で預かることができて、本当に心強い限りです。
確か、◯◯小学校の学校教育目標は、△△です。まさに、この子どもたちです。
さて、今から、◯◯中学校の発表をするわけですが、中学校でも伸び伸びとダイナミックな姿をめざして、4月より取り組んでまいりました。」
というように話を続けていきます。
一番直近で起こったことを話題に入れると、聞いてくれるものです。

組み立てのコツ

発表のための発表ではいけません。
組み立ての方法はいろいろありますが、私は、
「課題」➡「解決」➡「未来」という形式をとっていました。
これは、小室淑恵の即効プレゼン術(小室 淑恵著、Gakken)詳細はAmazonサイトへの手法です。
是非、本を読んでくださればと思います。
会議、発表、研究会、講師、セミナー、初めて

スライドに用いる写真

迫力のある写真を準備することは言うまでもありません。
皆さんが、他人が発表するスライドを見て、どのような写真やスライドであれば、「凄い」「よくわかる」となるでしょうか。
私は、文字がぎっしり詰まったスライドは好きではありません。
それを読んだらよいのか、発表を聞いたらよいのか分からなくなるからです。
1スライドに1~2枚の写真、言いたいこと、キーメッセージが1つ入っていることが基準でしょう。

1スライドに使う時間と文字数

これも、書籍や好みにより千差万別ですが、分かりやすい基準で言うと、1スライド1分、文字数にして300字~400字がよいでしょう。
もちろん、スライドにより「重み」が違いますから、多少の強弱あるべきです。
30分なら、30スライドくらいがよいでしょう。

聴衆を意識する

どのような層の方を中心に話を組み立てるのか、考えなければなりません。
いわゆる「ターゲットを絞る」ということです。
性別、経験年数、教科等。
広げすぎると話がぶれてしまいます。
私は、一番人数の多い層に絞って話を組み立てていました。
おおよそ、採用6年未満が多かったです。
その方に話しかけるように話すのです。

注意点

原稿を丸々読むだけの味気のない発表ではなく、できるだけ原稿を見ずに話さなければなりません。
流れを大きくメモに箇条書きとして残しておきます。
読み原稿は作成します。
リハーサルでも使用します。
しかし、本番では読み原稿は使いません。
スライドがありますから、スライドに合わせて話ができればよいのです。
スライドは、堂々と見ることができるメモというイメージでもOKです。
凝りすぎたスライドはまず、成功しません。
例えば、アニメーションが入りすぎている、文字を飾りすぎているなどです。
私は、プレゼンテーションで使用するアニメーション効果は、フェードだけです。
使用するフォントは、標準フォントだけです。
どのようなスライドが見やすいかについては、「プレゼンテーション」「コツ」で検索すれば、様々なヒントを得ることができます。
リハーサルの様子をビデオに撮ってもらうのもよいでしょう。
一人ですべてを抱えてはいけません。
発表内容については、いろんな人にアドバイスをもらいながら進めましょう。
その力も試されているのです。

広告