中学校定期テスト「問題作成、採点、返却」のポイント その1

benkyou
「真面目に頑張った生徒が力を発揮できる問題を作りたい」
心ある教師なら、このように思うはずです。
しかし、中学3年のテストでは評価のこともがあるので、これだけではうまくいきません。
「真面目に頑張った生徒が力を発揮できる問題」かつ「上位層や下位層の人数が極端に多くならない問題」をつくるという視点も必要です。
中学校教師

考える要素がいくつかあるので分けて考えます。
~その1~
1.「真面目に頑張った生徒が力を発揮できる問題」を作成する方法
2.上位層や下位層の人数が多くならない(正規分布になる)問題の作成法
~その2~
3.採点しやすい問題の作成法、採点時のポイント
4.問題作成の一般手順
5.テスト問題やワークシートを「ミス0」にするチェックリスト
6.返却時のポイント
7.その他

1.「真面目に頑張った生徒が力を発揮できる問題」を作成する方法

「真面目に頑張った生徒が力を発揮できる」ためには、授業中に「教える」「説明する」だけではなく、「できる」ようにしておく必要があります。
「この問題、問題集の問題と全く同じ問題ですよ、できないとダメです」
「この文章、板書して、教書にも線引いて、大事だから覚えておきなさいって、何回も言ったのに・・・(できていないあなたたちが悪い)」
よく、このようなことを授業中に言っていませんか。
生徒に指導として言うのは構いませんが、本気で生徒の責任にしていませんか。
中学校教師の誤った考え方です。
中学校教師は、

「授業中にできるようにまで生徒を育てる」

という感覚がありません。
「できるようにまで」というのは、「問題として出題して、丸になる」までです。
写させっぱなし、ミニテストやらせっぱなし、説明しっぱなしで終わってしまうのです。
授業中にたとえ教師が「問題集をやって解説をして理解させた。テストに出るから、家でもう一回やっておきなさい、とも言った」としても、テストで点数をとれない生徒はたくさんいるのです。
この事実に向き合わないといけません。
学力の低い生徒や家庭学習の習慣がついていない生徒は、これだけではテストで点を取れないのです。
これを防ぐためには、「授業内でできるようにまでする」必要があるのです。
塾は、この点ではプロフェッショナルです。
中学校も、見習う点が多々あるのではないでしょうか。

さて、「できるようにまでする」ためには、教師が意図的に繰り返しその内容について触れなければなりません。
私が授業をしていた頃は、「テストで絶対にできてほしいこと」については、
・次の授業でもう一回
・次の次の授業でもう一回
・テスト1週間前にもう一回
・テスト直前にもう一回

少なくとも合計4回はやり直しをさせていました。
ポイントは、「授業中」です。
「授業時間が足りなくなるのでは」と言われてしまいそうですが、それは大丈夫です。
回数が多いだけで、一回当たりの時間は、そういう問題をまとめてやっても、1分~2分しかかっていません。
授業中に余計な話もほとんどしていません。
説明する内容も厳選しています。
教師には、そういう感覚が必要なのです。
4回やっても、テストでできない生徒はいます。
そのたびに私は、「どうやったらこの生徒がテストでできるようになるのか」と考えていました。
「実技教科などで週に1回しか時間がないから、どうしても時間が取れない」という場合は、なかなか難しいかもしれませんが、それでも、工夫して繰り返しやってほしいのです。
いまどき、時間割をより弾力的に運用することが可能になっています。
例えば、「ある授業の最後の5分だけミニテストをするために授業時間をもらう」、「土日の課題や朝学習で課題を準備する」などの方法があります。

テストの内容は、「頑張った生徒が力を発揮できる問題」ということを優先するならば、テスト問題で次のような配慮をしなければなりません。

・授業で使用した図と同じ図で問題を出す

同じ図というのは、まったく同じ図です(著作権はクリアしてください)。
「まったく同じ図」でないと、「あ、同じ問題が出ている」と思えない生徒も出てくるのです。

同じ内容を表す図でも、「タッチがほんの少し違う」だけで、「違う問題」と思う生徒もいる

のです。
さらに、

・問題集や教科書の言い回しを変えすぎない
・1年間を通して、「出題パターン」を変えない

ことが必要です。
私の教科は、「どこを勉強したらよいか分かる」「勉強したら点数とれた」とよく言われます。
こういう工夫をしてきた結果だと思っています。

問題集を使っている場合の注意点です。
いろいろなタイプの生徒がいます。
短期集中型で、直前に2、3日集中して勉強するタイプです。
ただし、長期間は続きません。
これに対し、じっくり型の生徒もいます。
長期間かけてじっくりやることで力を発揮する生徒です。
じっくり型の生徒に対して、テストでの問題集の範囲や教科書の内容をいつ提示しているでしょうか。
私は、

4月の中旬に「年間テスト出題予定表」を作成して配布

していました。
どの時期に何を学習して、どの範囲がテスト範囲になるかを4月に示しておくのです。

「じっくり型」の生徒も準備ができ、よりテストで力を発揮するようになる

のです。

国語以外の教科なら、国語力が影響する問題は避けるべきです。
もちろん、観点別評価の内容に含まれている場合は仕方ありません。
しかし、例えば、中1の中間テストで次のような問題はどうかと思うのです。
「スキー板をつけて歩く場合と、つけずに歩く場合で、どのような違いがあるか、書きなさい」
「どのような」と聞かれたら、戸惑う生徒が出てきます。
これをそのまま問題にすれば、採点も大変です。
また、国語力の部分で差が出てしまいます。
これは、国語が苦手で理科が得意な生徒のために、次のようにしてほしいのです。
「次の( )にあてはまる語のうち適当なものの記号を選び、ア~ウの記号で答えなさい。
スキー板をつけて歩くと、つけない場合と比べて、雪のへこみ方が(  )。
ア小さくなる  イ大きくなる  ウ変わらない」

「自分の勉強した問題が出た」と生徒が感じるためには、「問題数を多くする」ことも必要です。
点数は同じ50点でも、
「自分の知っていることをしっかり書けた。力を出し切った」50点と
「自分の知っていることを書く回数が少なかったけど」50点では、次のテストへのモチベーションも違ってきます。

2.上位層や下位層の人数が多くならない(正規分布になる)問題の作成法

本来なら、「絶対評価」ですので、こちらが求める基準の問題を作成しなければなりません。
また、授業での指導もしていかないといけません。
しかし、授業ではうまくいかずに、それでも何かの理由で、得点分布を正規分布に近づけたい場合を考えます。
これは、問題作成に少し経験が必要です。
問題を作成していくと同時に、問題の難しさを5段階に分類していきます。
A・・・学力の低い生徒でもできる問題
B・・・AとCの間
C・・・中位くらいまでの生徒ならできる問題
D・・・EとCの間
E・・・上位(10%)の生徒しかできない問題
これは結構難しい作業になります。
普段の生徒の力が分かっていないとできないからです。
ふつうに問題をつくると次のようになってしまう集団があるとします。
bunpu2
これを、次の図のような50点を中心としたきれいな正規分布にしたいとします。
bunpu
どのような問題構成にすればよいでしょうか。
一番下の山をなくすためには、「A」問題を増やせばいいのです。
一番上の山をなくすためには、「E」問題を増やせばいいのです。
そうすれば、正規分布に近づいていきます。
極論すれば、「ウルトラ簡単な問題を50点分」、「ウルトラ難しい問題を50点分」出せばよいのです。
しかし、これは単純にできることではありません。
難しい問題の設定があるからです。
授業の内容を逸脱せずに、生徒から「こんな問題できるわけがない」というクレームなしに、E問題をつくるのは難しいのです。
これは、問題作成ができる教師に問題を見てもらうしかありません。

ちなみに、ほぼすべてをB問題にした場合の分布の様子は、
指導が上手くいっている教科の場合
bunpu3

指導が上手くいっていない教科の場合
bunpu4
自分が作成したテスト問題で分析してみましょう。

本記事は、中学校定期テスト「問題作成、採点、返却」のポイント その2へ続きます。

広告