授業開始のシステムで学年の荒れと戦う(1)

(日直)「起立。これから○○の授業を始めます。礼」
(教師)「着席」
中学校では少なくなってきたものの、多くの教師がやっていることです。
また、学年生徒指導担当の教師が、所属している学年教師に次のように指示をしています。
1.授業開始時に「起立、礼」を必ずさせること。
2.「起立」の後、静かになってから、「礼」を言わせること。
3.「礼」の時に全体を見渡し、全員ができていなかったら、やり直しを日直にさせること。
4.教師が「着席」と言う前に座ったら、もう一度立ってやり直しをさせること。
この指示を守ろうとした初任者のA教師が休職に追い込まれました。

初回の授業からその兆候がありました。
日直が「起立」を言った後、静かにならないうちに、「礼」と言いました。
当然、A教師は「ダメです。もう一度やり直しです」と言って、やり直しをさせようとしました。
しかし、「昼食」「昼休み」後の5時間目ということもあり、なかなか静かになりませんでした。
A教師は、静かになるまで待っています。
ここまでで、既に2~3分費やしています。
さらに待ちましたが、静かにならないので、「静かにしなさい」という指示をしました。
やや静かになったものの、完全には静かになりませんでした。
「B君、静かにしなさい。みんなに迷惑がかかっていることが分からないの」
このようなやり取りが続きました。
最終的に静かにさせて、「礼」をさせることができました。
次は、「着席」です。
やはり、「着席」を言う前に座る生徒がいました。
ここでも、A教師は言われたことを必死に守ろうと、「礼」「着席」を繰り返しさせました。
ようやく着席はできたものの、ここまで費やした時間は8分。
最悪の雰囲気での授業スタートとなりました。
また、8分もの授業時間が奪われました。
A教師は、提案した力のある教師に相談しましたが、次のように言われたのです。
「最初はできなくて当たり前です。でも、A先生が最後まで繰り返しやりきったのはOK。絶対に譲ってはいけないところだからね。」
次の日の同じクラスの授業で、また、日直が静かになる前に「礼」言いました。
同じようなやりとりがはじまります。
今度は10分かかりました。
なかなか静かにならないので、周りの生徒もおしゃべりを始めたのです。
そして翌々日、やはり同じでした。
翌週の4回目、ついにA教師は先週のようにやり直しをさせませんでした。
この後は、どのようになっていくか想像できると思います。
授業開始のシステムで学年の荒れと戦う(2)へ

広告