新年度の準備をするときに考えること

黄金の3日間、中学校、2017年度(平成29年度)の新年度準備。中学校、先生、ブログ、初任者、転任、やること、チェック


ステージ別 中学校教師の仕事のヒント

記事一覧 page01 <2014/01~2014/06>

記事一覧 page02 <2014/07~2014/12>

記事一覧 page03 <2015/01~>


新年度がまもなく始まります。
修了式後、その準備を周到にされた先生も多くいらっしゃることでしょう。
例えば、分かる先生に聞く、関連する本や引継ぎ資料を読む、ネットで調べる、1年間の見通しを考える、仕組みやルールを考える、アウトラインを考える、アウトプットする、等々。
責任感があり、研究熱心な先生であればなおさらでしょう。
そんな先生と新年度の準備の話をする時に、いつも言うことがあります。
え、そんな当たり前のことって思われるかもしれませんが、
自分自身で考えた言葉を入れる
ということです。
「自分自身で考えた言葉を入れる」というのは、
続きを読む

春休み勉強計画表(学習計画表)7種類 2016年(平成28年)中学生用

生徒の発達段階に合わせた春休みの勉強計画表(学習計画表)7種類、2016年(平成27年)中学生用です。
ワードファイルをダウンロードしてご使用ください。
<目次>
(1)春休みの計画表(学習計画表、勉強計画表、生活記録表)パターン1
~計画を立てることが苦手な生徒用~ ダウンロード

(2)春休みの計画表(学習計画表、勉強計画表、生活記録表)パターン2
~(1)と(3)の間~ ダウンロード

(3)春休みの計画表(学習計画表、勉強計画表、生活記録表)パターン3・4
~ふつう~ ダウンロード

(4)春休みの計画表(学習計画表、勉強計画表、生活記録表)パターン5
~(3)と(5)の間~ ダウンロード

(5)春休みの計画表(学習計画表、勉強計画表、生活記録表)パターン6・7
~計画を立てることが得意な生徒用~ ダウンロード


記事一覧 page01 <2014/01~2014/06>

記事一覧 page02 <2014/07~2014/12>

記事一覧 page03 <2016/01~>


続きを読む

何のために叱るのかを考えれば、叱り方が変わる

中学校の先生、叱り方、方法、コツ
何のために叱るのか。
日本語としての定義的な意味はさておき、

「相手の行動や考えの変容を目的とする行為」

だと私は思っています。

叱るというのは、相手があって初めて成立する行為です。
一人では叱れません。
比較対象として、「怒る」という言葉が引き合いに出されます。
続きを読む

「挑戦、慈悲、勇気、智慧、勝利」の5つの言葉で自分を変える

中学校の先生の考え方、新年の決意、信念
挑戦、慈悲、勇気、智慧、勝利
この5つの言葉を意識して、2016年を過ごそうと思っています。

過去に自分で書いたブログを見返して反省することが多くあります。
当たり障りのない言動で、衝突を避け過ぎていたこと。
それはそれで、当時のベスト尽くしていたわけだから、否定するつもりはありません。
しかし、これだけではいけないと感じています。

さて、教育は未来の宝である子どもたちを幸せにする尊い職業です。
その目的を達成するためにどうすればよいのか。
子どもたちにとって、最大の教育環境は、「先生」です。
その時々に出会った先生で、子どもたちの成長度合いが変わります。
続きを読む

平成28年(2016年)学校用教室掲示カレンダー

2016年カレンダー中学校教室掲示用です。
平成28年(2016年)1月~平成29年(2017年)3月の15か月分のカレンダーです。
教室掲示をして、行事や誕生日等を記入するための余白を多くとっています。
中学3年生の卒業や入試までのカウントダウンカレンダーとしても使用可能です。
A3サイズで作成していますが、印刷時に必要なサイズ(A4、B4、B5サイズ等)で出力してください。
ワードファイルまたはPDFファイルをダウンロードの上、ご使用ください。
その他のカレンダーについては、
中学校勉強計画表・掲示物・カレンダーのページ
をご覧ください。
<目次>
平成28年(2016年)1月
平成28年(2016年)2月
平成28年(2016年)3月
平成28年(2016年)4月
平成28年(2016年)5月
平成28年(2016年)6月
平成28年(2016年)7月
平成28年(2016年)8月
平成28年(2016年)9月
平成28年(2016年)10月
平成28年(2016年)11月
平成28年(2016年)12月
平成29年(2017年)1月
平成29年(2017年)2月
平成29年(2017年)3月
中学校教師、教育、ブログ、仕事術
続きを読む

生徒が授業で安心感をもつために必要なこと

「○○先生は、授業中にトイレに行かせてくれた。でも、△△先生は、理由とかしつこく聞いてなかなか行かせてくれない。」
こんなことを生徒が訴えることはないでしょうか。
教師によりブレや温度差がある状態です。
これが続くと、先生への信頼感や権威がなくなり、学年崩壊、学校崩壊へとつながる場合もでてきます。
その結果、生徒は安心して授業を受けられなくなってしまいます。
「千丈の堤も蟻の一穴から」
「蟻の一穴天下の破れ」
という言葉もよく引き合いに出されます。
大きな問題行動を起こす生徒でも、最初は小さな問題行動から始まっているのです。
こうならないように、教師集団で指導方法を一致すべきことを、授業内でのできごとを中心にいくつかまとめました。
生徒指導のルール、学年、どこまで
続きを読む